スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[アップデート2回目] XCODE7で、iOS8のデバッグをする方法。SpriteKit、iOS8.4→iOS9にすると画面が崩れる

2015/09/25
今日、ゲーム「おっさんと川」のアップデートで審査が通り、AppStoreに並んだのだが・・・
iOS9のせいで、いろいろ手間取ったアップデートだったこのver
必死にiOS9に対応させ、ようやく審査も通ったというのに、
この段階に至って、
iOS8.4以下で、表示がおかしくなっていることに気づいた。

こんどはそっちかあああ

ていうか、XCODEを7にし、iOSを9にした時点で、
下位verとの連携が重要になってくるんだから、
verup直後は、その辺を慎重にみられるようなお膳立てをAPPLEはどうしてやってくれないのか。
たとえば、XCODE7には、iOS8.4以前のシミュレーターをデフォルトでインストールさせていて、
しばらくは、iOS9との比較シミュレートを自然とデベロッパーが意識できるようにするとか。

下位となったiOS8.4のシミュレーターをあとからダウンロードしてインストールして、
シミュレートできる、などということを、私は今日知って、なんだかやるせ無い気持ちになった泣。

そういうわけで、
XCODE7で、iOS8のデバッグをする場合は、

XCODEのシミュレーターを選択するリストにある、
「more simurater」を選択し、
そこから、以前のverのシミュレーターをダウンロード&インストールすると、
可能になる。


シミュレーター選択リストが多くなってきたなくなるけど、当面は仕方がない。


というか、なぜiOS9は、いろいろと画面が崩れているのだろう。
いろいろネットで見てみると、Float周りが変更になったとか、Viewの初期値が変更になったとか、
多分そのあたりのせいだと思うのだが、よくは分からない。

とにもかくにも、その辺をもう一度見直して、すぐさま修正版をつくり、今日アップロードした。
すると、前回、iTUNES Connectの、ビルドが2時間も表示されず、ものすごく苦労したことがあったが、
おそらくそのあたりの苦情が多かったのだろう、早速、ビルド表示に関して変更が加えられていた。
ビルドをアップロードすると、反映されるまでに処理中という表記がされるようになったようだ。


というわけで、いろいろあったが再申請した。
関連記事
comment (0) @ 申請
[iOS9 swift2.0 SpriteKit] メモリリーク?について | [XCODE 7 & iOS9] iOS9でのリジェクトと、XCODE7&iOS9対応

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。