スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[初めてのアップデート] 英語へのローカライズ

2015/09/05
先月公開したばかりの私の第二作目のiPhoneゲーム
「おっさんと川」を、今回アップデートすることにした。

iPhoneアプリをアップデート申請するのは今回が初めてだ。

今回のアップデートの主な内容は、
英語へのローライズ。

ゲーム部分に対しては修正や若干の追加等はあるが、概ねマイナーチェンジとなっている。

英語へのローカライズ方法はいろいろとネットで紹介されているが、
私の場合、ほぼ意味をなさなかった。
なぜなら、UIKitをほとんど使っていないからだ。

そして、私にとって鬼門となっている
アプリ名のローカライズが何故かうまく機能しない呪い
は、今回もやはり私を苦しめた挙句に、結局アプリ名をローカライズできずに終わらせた。

ほんと、iPhone開発においては、私の場合、
ネットの情報が比較的、あてにならない・・・。

で、実際にはどのようにローカライズしたかというと、
アプリ名の方はどうせ変わらないので、
infoPlistの方は、直接日本語で「おっさんと川」と記入し、
一応、ネット情報通り、
Plist.stringファイルを作成して、CFBundle Display Name で
英語と日本語とそれぞれの名前を書いて入れておいた。
入れても全く機能していないんだけど・・・、もしかしたら公開されたら機能されてるんじゃ・・・というわずかな可能性に望みを託して・・・
まあ、そんな運頼みは当てにしてないので、
このままだと多分、英語版でも、日本語でしっかりと「おっさんと川」と表記されたアプリ名になると予想している。
日本語カッケー的な人に気に入ってくれたらいいや、くらいに思っている。

そして、ゲーム内においては、

func language() -> String {

var s:String? = NSLocale.preferredLanguages().first as? String
if s == nil { s="" }
return s!

}


使用時は・・・

if language() == "ja" {
日本語
} else {
 英語
}

という感じで、手作業でローライズした。
手作業とはいっても、一人で作ってるから、これで十分である。
グーグル翻訳とにらめっこしながら、病み上がりだったが二日で全て英語化した。

時間はかかったが、大した作業でもない。
英語になることによるデザインなどの微調整も同時にやった。

アプリ内課金部分は、もともとEnglishローカライズの設定を付与させていたが、
こちらはデバッグの度に言語がフラフラしていた。どうやら、App storeの言語圏に依存するらしい。
これはしょうがない。公開時には上手くいっているだろう。

そんな感じでローカライズを済まして、
英語用の説明やキーワード、スクリーンショットなんかも準備して、
アップデート申請完了。


私のこのゲームは、
公開から2週間弱でダウンロード件数がやっと400ほどだ。
これだけでは到底やっていけない数字である。

英語圏へのローカライズにより、どれくらい状況が変わるのか、今後の展開を
みておきたい。

というわけで、ローカライズ申請、上手くいきますように。

ossan_icon2.jpg
関連記事
comment (0) @ 申請
[XCODE 7 & iOS9] iOS9でのリジェクトと、XCODE7&iOS9対応 | [ダウンロード数] おっさんと川公開から1週間

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。