スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[ダウンロード数] おっさんと川公開から1週間

2015/08/31
ゲーム「おっさんと川」を公開してから1週間が経過したので、
ここまでの経過をまとめておきたい。

まず私のiPhoneゲーム処女作の前作「ほるほる」は、
公開時には一切告知せず、1週間の経過を見守ったが、
その際は、1週間のDL数は40程度だったかと思う。
その後、DL数が低下し、合計DL件数100くらいで頭打ちした。

そして第二作の今回だが、
公開初日にダウンロードは40ほど、
一週間の合計は270件となった。

前回とやったことの大きな違いでは、
前日から公開をサイトなどで告知したことと、
Twitterツイート機能を実装したことによる効果などだが、
それらが大きかったようだ。

今回も、早い段階で2つほどのレビューサイトで取り上げて下さっていたのを発見。
前回は、私のブランドで取り上げて下さっているような感じだったが、
今回は、ゲームの内容のシュールさで目に留まってもらえたようである。

突っ込み所のあるコンテンツが取り上げられ易いという傾向は、
SNSにおけるニュースという形態が充実・認知されてきた昨今のネットの特徴の1つだとは思う。

しかし、今のところ、数字を見る限りは、
それらのレビューサイトからの実際のDL数は5~30ほど。
ありがたいことだし、大変なモチベーションにもなるが、
これは、小説やCDを出した時に、そこそこのニュースサイトに掲載されても、実際の売り上げにはさほど貢献されない、というのと似たようなことかもしれない。
でも、とてもありがたいことなので、数字が伴わなくても嬉しい。


二作目は、一作目よりもずっとDL数が伸びたとは言え、
一週間掛かってようやく300近く。
通常のPCゲームのネット公開レベルには、まだまだ程遠い。
せめて目先、通常のネット公開のPCゲームくらいの数字を超えるのを、目標としたい所ではある。

閲覧数だけに絞っても、下らない数分動画を投稿した方がまだ上をいくレベル。
基本的には、Apple App storeは、無名のゲームに対するアプローチは皆無。
一個人が公開しても、ただのダウンロードツールとしての意味しかないという方が近い。
そのため、今回は無意味だろうと思いSEO対策などは考慮しなかった。

ちなみに前作では、閲覧数500に対し、DL数100というような感じで、
ダウンロード率は20%だった。
(ダウンロード率が20%もあるということが、App store自体に、広く認識させる能力が乏しいことの証拠とも言える。
 つまり逆を言えば、最初からダウンロードするつもりで検索した人が多い、ということになる)

ただ、今回はその閲覧数に、少し不思議なことが起きた。

今回は、閲覧数が一週間で既に2000を超えており、
DL数を300とすると、ダウンロード率は前作よりは低めにはなるが、
その閲覧数の多さの原因は、
実は、私の告知でも、Twitterでも、レビューサイトでも、SEOでもなく、
全然別の所にあった。

それは、中国である。

この閲覧数の内訳は、40%が中国からのアクセスによるもので、
その数字に驚いた。
前作では全く見られなかったか現象だ。
ちなみに前作は、中国からの閲覧数は一桁しかない。

ではなぜ今回、こんなにも中国から閲覧されたのかと言えば、
思い当たる節が1つある。

それは、アプリをiPadにも対応させたこと。

どういう理屈かは分からないが、iPad対応にさせると、何故か中国の検索に多く察知されるのかもしれない。
ちなみそのプラットフォームは、iPhoneが50%、iPad50%と、日本に比べれば確かにiPadが多いが、iPhoneだって50%はある。
もしかしたら、そういうシェア構造が理由となって、中国では最初からuniversalアプリしか検知しないような仕組みが導入されているのかも??

ただ、閲覧数がいくら伸びた所で、その中国からのDL率は 3%ほどと、あまりDLされていない。
まあ日本語だから当然だろう。
しかも、実際にアクティブとなったケースでも、広告表示はされているようだが収益は0。
中国からのアクセスは、閲覧数を稼げるというだけで、どうやらそれ以外のメリットはないようだ。
まあApp storeでの順位を少しでも上げるのには貢献しているのかもしれないが、
上位に食い込んでもいない限り、底辺で少し順位が変動しても、無意味と言えば無意味かもしれない。


あと、今作では自前でネットランキングを実装したため、
DLしたユーザーが、実際にどれくらい遊んでくれたかが、そのランキングに登録されたかどうかで
ある程度予想できた。

この一週間でランキングに登録されたユーザー数は90人程度。
この数字は地味にリアルで、正直辛い。

即ち、まとめると、
今作は一週間で、

アクセス 約2000(内国内は約1200)
DL 約300
実際に遊ばれた数 約100

となる。
一ヶ月丸々を注ぎ込んだけど、実際には、100人にしか遊ばれていない……、ということに。

しかし、逆をかえせば、その100人はとても貴重な100人。
その100人を励みに、次もがんばりたい。


以上が、二作目公開後一週間のDLレポートだ。

ここから新しく学べることは、

1、他で構築したネットワークでの告知や、他のSNSでの宣伝に頼ると、それなりの効果がある。
2、universalアプリにすると、中国からのアクセスが凄く増える

というようなことだろうか。

関連記事
comment (0) @ ゲーム公開
[初めてのアップデート] 英語へのローカライズ | [新作iPhoneゲーム・リリース]おっさんと川

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。