スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

iphoneアプリ再申請作業

2015/07/08
というわけで無事、再申請作業を完了した。

今後のため、気づいたことなどを色々書き残しておこうと思う。

まず、
申請の際のチェックリスト に追加したいことは以下

・iphoneアプリであっても、iPadのすべてのシミュレーターで確認した方がいい。
・アーカイブ作成時は、[PRODUCT]→[Scheme]→[Edit scheme]で、releaseビルドにする。
・iAdだけなら、申請時の質問で、広告識別子を使用していますかの質問にNoと答える。


そして、再申請の際の手順だが、
ネットで見受けられるものは、ちょっとだけ情報が古いようだ。

再申請の際の手順・2015最新バージョン
0、却下済みとなったappページを開き、問題箇所を修正しアーカイブを提出。

1、itunes connect のapp管理ページへ

2、古い情報にある「新しいverを・・・」などという項目はなくなっているようなので?
  情報の欄の、バージョンの項目を、自分で1.0→1.1という風に書き換える。
  このバージョンはXCODEのprojectのgeneralの項目でも、アーカイブ作成前に一致させておくこと。
  またbuildの項目も、前回の数字と異なる数字を入れる必要がある。
  例:
   version 1.0 → 1.1
   build 1 → 2

3、ビルドの項目で、却下済みとなっている旧ビルドを、赤いマイナスアイコンを押して削除。
  すると、「+」アイコンが出現する(アーカイブ送信直後だと表示されないので、少し待つ)
  「+」を押して、新しいビルド項目を選択。

4、審査に提出ボタンを押し、質問に答え、完了。
関連記事
comment (0) @ 申請
[2回目のリジェクト] iTunes Connect [iAd] | linker command failed with exit code 1 / file too small (length=0) エラー

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。