スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[Unity iOS] ツイートについて

2017/01/24
unityのツイートは、social-connectやらsocial-workerやらを試したり、
iOsのネイティブプラグインを書いてやったりもしたが、
どれもいい感じにならなかったり、思い通りに動作してくれなかったりと、
ずっと悩んでいた。
ただのテキストツイートすら、ままならぬ状態だった。

とりあえず、UNITY5.5と、iOS10で、確実にツイートできるコードを書いておく。


 string s_tag = "ビクトリー";
 string s_text = "スマホゲーム『ビクトリー』by Andymente\nやったよ☆\n";
 string s_url = "https://itunes.apple.com/jp/artist/kazuyoshi-izumi/id1013586610";
 
 var uri = new Uri("https://twitter.com/intent/tweet?text="+s_text+"&url="+s_url+"&hashtags="+s_tag);
 Application.OpenURL(uri.AbsoluteUri);

*注意:ファイルの頭に、using System; を追加しておくこと。


まず、普通にツイートするだけなのだが、WWW.EscapeURLが、Androidではうごくのに、
iOSだとなぜか機能せず、エラーメッセージも履かずに動作しなかった。
そこでuriクラスを使用することで、回避した。

スポンサーサイト
comment (0) @ 未分類

[Unity Ios] openURLのこと

2017/01/24
ios9からの変更で、

「test://」というURLスキームを呼び出せるようにするには、
Info.plistで「 LSApplicationQueriesSchemes 」をArray型で作成し、
URLスキーム部分(「://」のない「test」)をその配列に加えていく。


LSApplicationQueriesSchemes (Array)
 Item0 (String) test
 Item1 (String) http
 Item2 (String) https

comment (0) @ 未分類

毎回わすれるから、UNITYでiOSアプリの書き出し・申請手順おぼえがき

2017/01/11
準備

・macのUNITYで、iosプロジェクトを書き出す。

・XCODEで読み込み後、
 まずUnity-iPhoneとか、デフォルト名になっているので、
 プロジェクトを workspace に 正しい名前で save

→右端上のIdentyty and TypeのNameを
Unity-iPhoneになっているので、正式名に。

各項目のRename の確認がでるのでRenameさせる

→PROJECT TARGETS
・Ientity

・Display nameを決める。日本語のなら日本語で。
・Sining
Teamを選択する

・恐ろしいGoogleのAdmobのため、Plistに申請記入
Privacy - Bluetooth Peripheral Usage Description
Privacy - Calendars Usage Description
Privacy - Camera Usage Description
それぞれを加えて、Stringに、"広告で使用します。"と、記入。

→[PRODUCT]→[ARCHIVE]
   アーカイブ実行中くらいに、iTunesconnectの方で、登録しておく。
完了後、vaildateをし、OKがでたら、Upload to App store



・iTunesConnectの申請
サブフィックスは、バンドルID
電話番号は "+81"を前につけて、090や080の最初の0を抜かしてつなげる
+8190xxxx-xxxx

・ビルドリストに反映されるまでは最近では結構時間がかかる。

・とりあえず公開は手動にしといて、審査とおってから配信させる。
comment (0) @ 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。