スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[iphoneアプリ] 広告のことと、海外ローカライズ

2015/11/01
今回最初につくったゲーム「ほるほる」に、はじめてAdModを導入してみた。

広告を入れるのは、今まではiAdだけだったので、
他の広告フレームワークを入れて実装するというのも初めてだったし、
AdMod以外に、どんなのを入れるのが有効なのかとかも、全然分からなかったので、
とりあえず有名なAdModをいれてみた感じ。

これがどれくらいの有効性なのかはまだ分からないけど、
ネットを色々見てると、どうもNendがいいらしい。
しかし、ネットの、アプリ界隈情報って、半年経つと風化してしまうものが多い、というのが
だいぶ分かってきたので、あまり信用ならない。
AppleのOS変更なんかであっという間に飛ばされてしまうものも多いだろうし。

さておき今回は、iADとAdModを12秒おきに交互に表示させるようにしてみた。

これまでのほるほるにおけるiAdの効果は、以下のとおり

公開月  230円
翌月   120円
翌々月  90円
4ヶ月目 60円

雀の涙ほど。順調に下がっている。
この傾向なら、5ヶ月目である11月は、40円くらいになるだろうが、
アップデートをしたので、多少はあがるかもしれない。
しかし、AdMobと交互に表示させるので、それによる影響もあるかもしれない。
小さなデータだが、何か面白い発見が見つかるといいなと思っている。

あと、
二作目の「おっさんと川」で、英語ローカライズをしたのだが、
良く分からないことがあるので、書き留めておく。

まず英語ローカライズをしたけれど、
itunes connectのアナリティクスでは、海外での閲覧数はずっと0のままになっている。

せっかくローカライズしたのに、
まったく閲覧すらされていないのかと落ち込んでいたが、
iAdの広告の方の結果からは異なるデータが見られる。
iAdの広告のデータでは、わずかだが、アメリカやペルーやウクライナやベトナムといった国がデータに並んでいる。

これはいったいどういうことなんだろう。
iTunes Connectのアナリティクスがおかしいのか、あるいは、
本当に外国ではちっとも閲覧すらされていなくて、iAdの方がおかしいのか。

しかし、ほるほるをリリースした時も、
ペルーやウクライナやベトナムが少しだけ見受けられたような気がする。

ひょっとして、ペルーやウクライナやベトナムって、
Appleの審査員やiAdの職員がいる国なんじゃないかと、
私は邪推してみた。

だから、iAdを発行する際の最初の実装テスト時に、念のために1回くらいは閲覧していて、
それがカウントされているのでは・・・
まあ、あくまで妄想だが。

いずれにせよ、
海外ローカライズしたところで、閲覧が0なら、
海外は最初から無視した方がいいということになる。

この辺り、どういうことなのか情報が知りたいが、
ネットで調べてもそんな情報はでてこないので困ったものだ。

スポンサーサイト
comment (0) @ tips

[Swift] SpriteKit SKSceneからpresentViewControllerを使う方法

2015/07/30
SpriteKitから、presentViewControllerを使用することは通常では難しいようだ。
理由はSKSceneが、UIViewControllerを既に継承しているらしく、
多重継承になってしまうかららしい。
(既に継承しているはずなのに、使えないのはどういうことなのか詳しくは私には謎・・・)

まあそのせいで、SpriteKitから、
presentViewControllerを呼び出すのが難しく、そのせいで
ダイアログを出したり、ツイッターやFacebookを使ったりするのが簡単にはいかなくなるようだ。

ネットで色々調べると、presentViewControllerを使用せずに使う方法を模索している情報が多いが、
そんな
中、最もシンプルなやり方をとっている情報があったので書き留めたい。

SKSceneと言えど、Viewの最も最前面にはUIViewContollerが存在しており、
それを取得してきて、そこから使用するというもの。


var currentViewController : UIViewController? = UIApplication.sharedApplication().keyWindow?.rootViewController!
currentViewController?.presentViewController(・・・・・・・)



これだけで取得できる。
すごい。


たとえばダイアログなら、以下のようにすぐに使用できる。

let alertController0 = UIAlertController(title: "確認", message: "すべてのデータを初期化しますか?", preferredStyle: .Alert)
let otherAction0 = UIAlertAction(title: "Yes", style: .Default) {
    action in println("初期化しました")
}
let cancelAction0 = UIAlertAction(title: "No", style: .Cancel) {
action in println("やめました")
}
alertController0.addAction(otherAction0)
alertController0.addAction(cancelAction0)

var currentViewController : UIViewController? = UIApplication.sharedApplication().keyWindow?.rootViewController!
currentViewController?.presentViewController(alertController0, animated: true, completion: nil)
comment (0) @ tips

[Swift Tips] 文字列検索と、文字列分割と、node内サーチ

2015/07/16
今日は、文字列検索と、文字列を特定の文字で分割するための関数を作っていました。
optionalとかは適当にしてます

■文字列検索

func pos(target_s:String,s:String) -> Int {

var i:Int = (s0 as NSString).rangeOfString(target_s).location

return i
}


■文字列長さ取得

func length(s:String) -> Int {
var i : Int = (s as NSString).length
return i
}


■文字列分割
s を bunkatu_s で分割し、c番目の文字列を取得
ex: str = "ab,cd"
str2 = bunkatu(str,",",1)
→cd

func bunkatu(s:String,bunkatu_s:String,c:Int) -> String {

var sx = s
var s0 = ""
var s1 = ""

var i2 = c
if c >= 1 { i2 = c-1 }

for var i1=0; i1<=i2; i1++ {
var i_pos0:Int = pos(bunkatu_s,sx)
if i_pos0 >= 0 {
var i_start_index = advance(sx.startIndex, 0)
var i_end_index = advance(sx.startIndex, i_pos0)
s0 = sx.substringFromIndex(i_start_index).substringToIndex(i_end_index)

var i_end_index2 = advance(sx.startIndex, i_pos0+(bunkatu_s as NSString).length)
s1 = sx.substringFromIndex(i_end_index2)
sx = s1
} else {
return ""
}
}

if c == 0 { return s0 } else {return s1}
}


■node内にある特定のnodeを、nameや型でサーチ

func search_label_node(i_label_name:String,i_node:SKNode) -> SKLabelNode{
var j = SKLabelNode()
for i in i_node.children{
if (i is SKLabelNode) && (i.name == i_label_name) {
j = i as! SKLabelNode
}
}
return j
}
comment (0) @ tips
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。